2017年12月23日

人感センサー ヒーター 電気代

石油ファンヒーターは部屋がすごく暖かくなっていいけど、でも朝に少しの時間だけ洗面所を使いたいときや、トイレに入っている間に部屋を温めたいと思っても、スイッチをオンにして温風が出てくる頃にはもう用事が済んでその場にいなかったり。笑

電気ストーブは部屋全体を暖めるのに、時間がすごくかかるし…
ということを考えると、スイッチを入れてすぐに温風が出て、部屋をすぐに暖めることができる電気ファンヒーターが、洗面所やトイレの暖房器具としてはベストですよね。

トイレや洗面所が寒くて苦痛だから、電気ファンヒーターを設置しようかと考える人も多いかと思いますが、でも気になるのは電気代だと思います。

電気ファンヒーターって1000wを超えるような消費電力ですから、心配になるのも無理ありませんが、人感センサーの機能が付いたヒーターもあるので、こっちなら気にするほど電気代がかからないと思います♪



詳細はこちら
アイリスオーヤマ セラミックファンヒーター 人感センサー付き 1200W マイコン式

しかも電気ファンヒーターは温風がすぐに出てくれるので、トイレや洗面所などの狭い空間ならすぐに部屋が暖まりますし、連続使用する必要もないですよね。

連続使用が必要な場所で1000w以上の電力をずっと使うと、電気代も心配ですが…
これなら電気代の心配も無用です。

それよりも!

寒い時期は寒暖差によるヒートショックの心配もありますし、5℃以上の温度差で脳梗塞などのリスクが高まるらしいので、洗面所やトイレには暖房器具用意しときましょう。

お風呂から上がったときに洗面所が寒いと、寒暖差アレルギーで鼻水が止まらなくなったりもしますから、若い人でも我慢せず、洗面所は暖かくしておいた方がいいですよー。
posted by もずく at 23:17| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする